2022年6月30日

安定した黒字化のために役立つ!?今話題の営業代行サービスとは


自社の営業力を底上げするために

安定した黒字化を実現する会社と、慢性的な赤字化になっている会社では営業力に差が見られることが多いです。会社は商品やサービスをお客様に利用してもらうことで成り立っています。営業力のある会社は、豊富な営業ノウハウを蓄積していると考えられます。特に同業他社が多い業界ほど企業間の区別化が重要になるため、高い営業力が問われるのです。

営業力を高めるために役立つ営業代行サービスは、営業ノウハウを伝授してもらえるだけでなく、営業力診断や電話代行などのサービスも導入しています。自社で営業マンを雇用する場合ですと、有能な営業マンばかりを獲得できるとは限りません。それに対して営業代行会社は、営業に特化した専門集団であり、すぐに営業力を発揮することができます。

費用対効果がプラスになる営業代行会社を

高額の商品を取り扱っている会社においては、特に営業代行サービスを利用するのが効果的です。例えばジュースが一本売れるのと、クルマが一台売れるのとでは利益がまったく変わってくるでしょう。高額商品やサービスを販売している会社ほど、営業代行サービスの費用対効果は高くなります。ただし契約する営業代行会社はどこでもいいわけではありません。ここで大切なのは、どのような商品の営業を得意としているか、料金は高すぎないか、アフターサポートは充実しているか、などです。例えば利用料金が高すぎて、利益の多くが食われるようでは費用対効果はマイナスになるでしょう。利用料金に対して営業代行における利益向上の金額が上回ることが重要です。

営業代行は、自社内の営業担当者の数が足りなかったり、予定よりも営業成績が伸びなかったりする場合に役立ちます。