2022年6月28日

自分好みに仕上げる!自家製ライトを手作りしてみよう!


100円ショップを活用すれば材料が揃う

手作り照明を作るには材料が必要となりますが、すべて100円ショップで探すことが可能です。どのような照明にするかイメージを描き、必要な材料を探してみましょう。電球などもワット数からサイズまで幅広く揃っているのも100円ショップの魅力です。また、キッチン用品やお風呂用品など本来の用途としては使わないものでも、考え方を変えれば照明にすることが可能です。例えば、アクリル製のコップなどは手作り照明としてはかなり使い勝手が良いアイテムです。電子レンジでも活用できるものであれば、熱にも強いので照明としての使い勝手も良いでしょう。また、装飾品などに活用できるフェイクグリーンなども多数ありますので低コストで自分好みの照明を作ることが可能です。

SNSなどを参考にすると失敗しない

SNSには多数の自作家電や自作照明を作っている方がいますので、参考にしてみましょう。初めて作る場合には配線などの問題にぶつかることもありますので、その点は動画などをチェックし、安全性を確認しておくことが大切です。また、アレンジ次第で自分らしさを出すことができるのも自家製家電の魅力です。SNSなどでは作り方を詳しく説明してくれている人もたくさんいますし、予算などもしっかり載せてくれている人もいます。まずは自分でどのようなものを好むのか傾向を知ること、またそれには一体どれぐらいの予算が必要かチェックし、自分で納得して作るのが自家製照明の楽しさです。買った方が良かったと後悔しない為にも、事前の予習はしっかりしておきましょう。

プリント基板設計の仕事は設計図の作成だけではなく、基板そのものの製造を行うこともあります。設計図作りに欠かせないCADの操作はもちろん、製造用の機械も動かすことになるのである程度の技能は必須です。